面接にハンカチを持参する

企業が人材を採用する基準は、現在厳しくなっています。

面接にハンカチを持参する

スキルは足りているのに面接で落とされないために

面接にハンカチを持参する
企業が人材を採用する基準は、現在厳しくなっています。以前なら問題なく採用されていたレベルの人でも、採用されなくなってきています。特に転職者に求めるレベルは年々高くなっており、高いスキルを持った人材だけを採用しようとします。新入社員でさえ、特別優秀な人材だけを採用しようとする中で、転職組に求めるレベルが高いのは当然ともいえます。良し悪しは別にして、このような風潮があることは事実ですので、転職者はそれなりの対策をして面接に臨まなければなりません。スキルは足りているのに面接で落とされるようなことだけはないようにしたいところです。

面接では、必ず転職理由、つまり前の仕事を辞めた理由を聞かれます。いろいろと考えて、長々と述べる人がいますが、どんなに取り繕っても、転職理由は取ってつけたようになりがちです。可能性を伸ばすため、別の分野に挑戦したいなど、簡潔に述べるにとどめるのが無難です。前の職場では叶わなかったのか、など突っ込んだ質問がされた時にのみ、具体的に述べると良いでしょう。どんなにポジティブに聞こえるように話そうと、辞めるのですから前の職場では叶わなかったと言わざるをえません。悪口にならないいように、あっさりと答えるようにしましょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017面接にハンカチを持参する.All rights reserved.