面接にハンカチを持参する

面接で身だしなみに気を付けることは当然のことですが、細かい点にまで気配りできていない人が意外と多くいます。

面接にハンカチを持参する

面接で大切な身だしなみ

面接にハンカチを持参する
面接で身だしなみに気を付けることは当然のことですが、細かい点にまで気配りできていない人が意外と多くいます。紺かダークグレーの背広、黒の革靴、白いシャツといった当たり前の格好をしてみても、全体のバランスが悪ければ良い印象を与えることはできません。1つ1つのアイテムは面接に適していても、全体でバランスが悪くなることは当然あります。姿見の前で全身をチェックすると共に、数メートル離れて全体の雰囲気も見るようにしましょう。遠目で見ると、近くからでは分からない点が見えてきます。

例えばネクタイですが、無難な柄を選ぶだけでは充分ではありません。太すぎず、細すぎないデザインを選ぶと共に、結び目や長さにも注意しましょう。ラフな席では結び目が大きくても、ベルトより長くても構いませんが、面接ではいけません。ジャケットも同様です。長すぎず、短すぎない丈に調整しましょう。長すぎると崩れた感じになり、短すぎるとカジュアルな印象を与えます。スラックスは、あまりゆったりとしているのは面接に適していません。流行に関係なく、ピッタリとフィットするサイズのものを選びましょう。裾はシングルに仕上げ、長すぎないよう注意します。意外とこういう細かいところに面接官は注目しています。

Copyright (C)2017面接にハンカチを持参する.All rights reserved.